けいばのにゅうす

元牧夫が独断と偏見で旬な競馬情報をお届け。

    2014年02月

    1:2014/02/15(土) 12:07:48.18 ID:

    15日の京都2R3歳新馬(ダート1800メートル)は、岩田康誠騎手騎乗の1番人気サクセスグローリー(牡、栗東・藤原英昭厩舎)が1コーナー過ぎで先頭に立ち、直線でも後続をぶっちぎって圧勝した。タイムは1分52秒2(不良)。

    内からニチドウリュンヌがハナを切るが、行き脚のついたサクセスグローリーが1コーナー過ぎで先頭を奪う。
    さらに外からタイキイルソーレも好位に押し上げ、3頭が先行する形。縦長の馬群になるが、後続もあまり差を詰められないまま4コーナーを回り、サクセスグローリーがさらに加速する。後続は離れる一方で、終わってみれば圧巻の大差勝ち。全兄サクセスブロッケンと同じく、衝撃のぶっちぎりデビューとなった。2着は4番人気のキングオブタイム。2着と1馬身1/2差の3着が3番人気のニチドウリュンヌだった。

    サクセスグローリーは、父シンボリクリスエス、母サクセスビューティ、母の父サンデーサイレンスという血統。
    全兄にダートGIを3勝したサクセスブロッケンがいる。
    http://race.sanspo.com/keiba/news/20140215/pog14021511390000-n1.html

    レース結果
    http://race.sanspo.com/keiba/racedata/result/2014/0215/825_002_4.html

    動画
    http://web-cache.stream.ne.jp/web/jra/onetag/subwindow.html?movie=rtmp://fms-jra.stream.co.jp/jra-fms/_definst_/mp4:jra_seiseki/2014/0215/201402080502&ua=4&type=2&thum=

    サクセスグローリー|競走馬データ- netkeiba.com
    http://db.netkeiba.com/horse/2011103420/
    サクセスブロッケン|競走馬データ- netkeiba.com
    http://db.netkeiba.com/horse/2005106204/

    【【動画】伝説の幕開けか…逃げて直線さらに末脚弾けたサクセスグローリー、衝撃のデビューV!サクセスブロッケン全弟/京都2R新馬】の続きを読む

    1:2014/02/13(木) 19:14:41.78 ID:
     テスタマッタ号が競走馬登録抹消 2014/2/13

    2012年フェブラリーステークス(GI)に優勝したテスタマッタ号(牡8歳 栗東・村山明厩舎)は、本日(2月13日(木))付けで競走馬登録を抹消しましたのでお知らせいたします。

    同馬は、韓国で種牡馬となる予定です。

    ○テスタマッタ号
    ※重賞勝鞍
    2009年 農林水産大臣賞典 第11回ジャパンダートダービー(大井・JpnI)
    2011年 マーチステークス(GIII)
    2012年 フェブラリーステークス(GI)
    2013年 農林水産大臣賞典 第17回さきたま杯(浦和・JpnII)

    JRA通算成績 22戦5勝 獲得賞金 236,425,000円 (付加賞含む)
    JRA以外の通算成績 15戦2勝 獲得賞金 180,050,000円

    JRAニュース
    http://jra.jp/news/201402/021305.html
    テスタマッタ(父Tapit/母Difficult/母父Concern)詳細
    http://jra.jp/news/201402/021305_01.html
    2012年フェブラリーS

    テスタマッタ右前繋部浅屈腱炎の記事(2月6日付)
    http://jra.jp/news/201402/020605.html
    【ダートG1・2勝テスタマッタが競走馬登録を抹消、韓国で種牡馬入りへ 根岸Sレース後に浅屈腱炎判明】の続きを読む

    1:2014/02/13(木) 16:37:38.17 ID:

    昨年の新種牡馬チャンピオンになったヨハネスブルグなどが種牡馬生活を送る日本軽種馬協会・静内種馬場の種牡馬展示会が2月12日、午前9時30分から行われ、穏やかな天気のなか同種馬場に繋養される9頭の種牡馬が関係者らに紹介された。

    最初に登場したのは昨年の新種牡馬チャンピオンのヨハネスブルグ。続いて桜花賞候補クリスマスの父バゴ、良血のアルデバランと続き、ケイムホーム、ボストンハーバー、イシノサンデー、シルバーチャーム、カリズマティックと続いて、最後は待望の初年度産駒デビュー年度を迎えたエンパイアメーカー。
    いずれも劣らぬ好馬体を誇らしげに披露した。

    ■2014年度種付料
    ヨハネスブルグ  A120  B150  C180
    バゴ        A120  B150  C180
    アルデバラン   A60   B80  C100
    ケイムホーム   A60   B80  C100
    ボストンハーバー           C10
    イシノサンデー            C10
    シルバーチャーム           C10
    カリズマティック       B20   C30
    エンパイアメーカー     B350(フリーリターンなし)

    A:前払い条件
    B:不受胎時種付料返還特約(フリーリターン特約付き)
    C:受胎条件支払

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140213-00000002-kiba-horse
    【ヨハネスブルグらの種牡馬がお披露目~日本軽種馬協会・静内種馬場】の続きを読む

    1:2014/02/13(木) 17:10:31.76 ID:

    13日の船橋競馬8Rで、最後の直線で1度止まった馬が再度走り直し、全馬を差し切って勝利する珍しいできごとがあった。

    珍事は中央交流・ベストレイン特別(中央3歳未勝利・南関東サラ3歳、ダート1600メートル、11頭立て)で起こった。ダッシュ良く飛び出した4番人気の2号馬グランフィデリオ(牡3)=栗東・森秀行厩舎=がハナに立つと、10頭を引き連れる形で逃げる。2馬身ほどのリードを保って直線に入り、勝利へ向かって一直線に走る…、はずだった。

    しかし、残り300メートル付近でグランフィデリオが急ブレーキ。追い上げてきていた6、7頭に一気にかわされた。故障発生か、と思われたが、鞍上の吉原寛人騎手が体勢を立て直すと再加速。内ラチ沿いを鋭く伸びて他馬を次々に抜き返すと、2着馬に1馬身半差をつけて勝利した。

    レース後、検量所のモニター前からは「こんなの初めて」、「ゲームみたい」という、関係者の声が漏れ聞こえてきた。当の吉原騎手は「道中からずっとフワフワしていて、少し怖いなと思っていたんです。
    それで直線に向いたら物見をして急に止まって…。あのタイミングで追い出すと僕が前に転げ落ちてしまうので、いったん手綱を引かざるをえなかったんですよ。でも、すぐに馬が走る気を見せたので、必死に追ったらすごくいい脚を見せてくれて…」と身振り手振りをまじえて話した。

    かつてオルフェーヴルが、2012年の阪神大賞典において2周目3コーナー(残り1000メートル付近)で 逸走したにもかかわらず、2着まで追い上げたことがあった。しかし、今回は残り300メートルでのできごとで、しかも勝ってしまうという、非常に珍しい事例。記者のみならず、吉原騎手自身も「これまでも止まりそうなことはあったけど、実際に止まって、しかも勝ったのは初めて」と目を丸くしながら話した。ただ最後は神妙な表情で「ごめんなさい。迷惑をかけました」と各騎手に謝罪し、次のレースのパドックに向かった。

    なお、この件に関して処分はなく、吉原騎手は裁決委員から口頭で注意を受けるにとどまった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140213-00000540-sanspo-horse
    【大珍事! 船橋競馬で1度止まった馬が差し切り勝ち】の続きを読む

    1:2014/02/13(木) 07:41:03.11 ID:


    http://www.asahi.com/articles/ASG2B4SD0G2BTIPE12R.html
    競馬場で働く「乗馬普及係」。日本中央競馬会(JRA)にはこんな専門職員がいる。小倉競馬場(北九州市小倉南区)の今浪留五郎さん(60)は40年間、レースで勝てなくても馬が活躍できる場を、との思いを抱き、ターフを去った競走馬を子どもでも乗れるように調教してきた。

    冬の小倉競馬初日の8日、今浪さんは朝の第1レースからパドックにいた。乗馬訓練を積んだサラブレッドに乗って出走馬の後ろを悠然と歩き、コースまで無事に誘導した。

    またがったのは、武豊騎手(44)の手綱で重賞を5勝もした馬。だが「どっちかと言えば、レースで全く勝てなかった未勝利馬の方が好きなんですよ」という。

    馬とコミュニケーションする今浪留五郎さん。馬房を清掃し、えさも与える=小倉競馬場
    http://www.asahi.com/articles/photo/AS20140212004085.html

    厩舎(きゅうしゃ)内で馬をなでる今浪留五郎さん=小倉競馬場
    http://www.asahi.com/articles/photo/AS20140212004089.html

    馬とコミュニケーションする今浪留五郎さん。馬房を清掃し、えさも与える=小倉競馬場
    http://www.asahi.com/articles/photo/AS20140212004101.html

    乗馬服を着込み、出走馬の誘導を終えてターフを引き揚げる今浪留五郎さん(右)=小倉競馬場
    http://www.asahi.com/articles/photo/AS20140212004096.html

    レースに出走する馬の誘導を終えて引き揚げる今浪留五郎さん=小倉競馬場
    http://www.asahi.com/articles/photo/AS20140212004092.html
    【引退の競走馬を乗馬用に調教 小倉競馬場】の続きを読む

    このページのトップヘ